こんにちは、なぎとです

11月に第五回スプラトゥーン甲子園九州地区がありましたね。

今回の大会ではノーチラスが多少見かけて

私も今後の甲子園の地区で当選すれば出る予定で

ノーチラスを使うことがあるので意識してることを書いていこうと思います!

ノーチラス

ハイドラ使いの私ですがナワバリではノーチラスを使います。

金旗もとってますよ

さっそくこの武器の性能についてみていきましょう。

武器の性能

 

ダメージは一発32

射程はスプラスピナーとバレルスピナーの間で

プライムより射程が長いです。

武器の特徴としてリチャージが可能です。

そして見た目がカッコイイですね!

使っているギア

使っているギアはこちらになります

人速をできるだけ積んでいます。

詳しい説明は後日のブログにてします。

ナワバリの立ち回り

野良ナワバリとナワバリ対抗戦で変わってきます。

今回は野良ナワバリで金旗を取った時の話をします。

ノーチラスの強み

ノーチラスは一試合で700p~900p塗ることができます。

塗りが強い武器ではありませんが射程がありキル力があり

リチャージを使っての機動力が最大の強みだと思っています。

ステージ

使い始めたてというのもありステージは選びませんでした。

ノーチラスを上達するうえで、どのステージでも動けるようにすると得意ステージが見えてくると思います。

立ち回り

武器編成

最初に味方と相手の編成を確認します。

塗り武器が味方にいる場合は前線にいきます。

味方がローラーやブラスターのように塗れないときはある程度塗ってから前線に行きます。

しかし後衛武器が多い場合、塗り固められた際の打開が困難なため初動は塗りを味方にまかせてください。

 

試合展開

とにかく相手を倒し人数有利を作ります。

敵陣を荒らすより自陣に抜けてくる相手をずっと警戒する動きが安定していました。

サブとスペシャルの使い方

サブのポイントセンサーは

ローラーなど潜伏している場所にセンサーを投げます

位置が分かれば味方と挟んでたおすこともでき、動きを制限できるので上手く使うと試合を優位にすすめられます。

スペシャルのイカスフィアは

ナワバリにおいて、とても強力でパブロやL3リールガンのように抜けて敵陣を荒らす動きができます。

しかしノーチラスのスフィアは先ほど書いたように抜けはあまり強くはないので

相手のスペシャルに合わせて生存にスフィアを使ったりライン維持に使うのがとても有効がと思います。

動き

前線とは書いてきましたが射程があるので下がりすぎず近づきすぎない立ち回りで射程を取っていきます。

特にナワバリで強いL3には近づきすぎないよう射程距離を意識しましょう。

 

わかりにくいとは思いますので時間ある方はYouTubeのほうに金旗取るまでのノーチラスの動画が

ありますのでそちらを見てもらえるとわかりやすいと思います。

 

 

ラスト30秒の動き

味方の塗り武器をデスさせてしまうと勝ち目が薄くなるので味方と相手の位置を把握して守ります。

ノーチラスは塗れませんのでリスクを取ってでも1.2枚の相打ちは有効だと思います。

こちらが優勢な時ほど相手は抜けてくるので最後まで抜け警戒は大事です。

まとめ

  1. 対面力を活かした立ち回り
  2. 敵陣に抜けるより相手の抜けを見る
  3. 無理してキルにいかず生存する

 

癖があり難しい武器ですが魅力がある武器なのでぜひ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です